トピックス

2020年04月24日金曜日

令和2年度 9名の若人を迎え入社式

令和2年4月1日、若松グループ入社式が挙行された。
今年度は新型コロナウイルスへの対策として、役員も含めた参加者全員がマスク着用のうえ、部門長や先輩社員の列席も取りやめるなど、例年とは異なる形式での開催となる中、そんな不安も感じさせない晴れやかな表情で、9名の新入社員は式に臨んだ。
IMG_2575IMG_2584

開式の辞に次いで若松専務より、それぞれに辞令書が手渡され、「大和ハウスグループに参画し、一流企業として、常に正義であり正しい事をやらなければならないという使命がある。そんな会社を作っていく、創り上げていく、その激動の中に皆さん方9名が入ったという事を私どもは誇りに思っておりますし、そんな会社を一緒に創り上げていただきたいと思っております。」と新入社員への激励と期待を込めた式辞が述べられた。

IMG_2568IMG_2593

その後、新入社員代表二塚まりなさんが「一日も早く一人前の社員として、そして立派な戦力として働けるよう努力してまいります。」と決意表明。
馳浩衆議院議員、国土交通大臣政務官 佐々木はじめ衆議院議員、UDトラックス株式会社 北陸・長野支社 中野毅支社長、損害保険ジャパン株式会社 西澤 敬二取締役社長など、多くの関係者から祝電を頂戴し、厳粛な雰囲気の中、式典は滞りなく終了した。

ページ上部へ