トピックス

2019年10月10日木曜日

令和2年度入社者内定式を挙行

令和元年10月5日しいのき迎賓館にて令和2年度入社予定者8名の内定式が執り行われた。当日は内定式に先立ち、金沢市議会議員小間井大祐氏と若松孝夫取締役による記念座談会を開催。「主体性をもって社会に参加する」をテーマに社会人として必要となる資質や心構えが語られた。内定者においても、4月の新たな門出に向けより一層気が引き締まった様子であった。
IMG_1592IMG_1590

その後内定者の名前が一人ずつ読み上げられ一同は緊張した面持ちで壇上へ上がり、若松社長より一人ひとり内定証書を手渡された。若松社長は、3月より大和ハウスグループに参画した当社の大きな発展と若い力への期待を述べ、「入社するまでの間にしっかりと勉強すること。私たちは皆さんのためにしっかり働いておきます。4月1日を楽しみに待っています。」と内定者へ向けて歓迎の気持ちを語った。
IMG_1636IMG_1679

厳粛な雰囲気の中式は進行し、執行役員4名による各事業内容の説明が行われた後、閉式の辞が若松専務より、佐藤一斎の『言志四録』の一節に触れながら「残り少ない学校生活、今までと少し考え方を変えて、どう有意義に潤いのある人生を生きていくか考えて勉強してください。」と熱く激励の言葉として贈られた。
IMG_1731IMG_1631

彼らの益々の発展と活躍を願うとともに、新入社員として迎え入れる日が待ち遠しい限りである。

ページ上部へ