お知らせ

2019年09月27日金曜日

「ホワイト物流」推進運動 自主行動宣言書を提出

2019年8月29日国土交通省・経済産業省・農林水産省が提唱する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、同運動に参画するため自主行動宣言書を提出しました。

「ホワイト物流」とは、深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的に、トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化及び女性や60代以上の運転者等も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現に取り組む運動です。2019年4月には3省が上場企業および都道府県の主要企業約6,300社の代表者に対し参加の呼び掛けを開始しています。

自主行動宣言書では、「物流の改善提案と協力」「検品水準の適正化」「異常気象時等の運行の中止・中断等」などを掲げ、これまで北陸の地で培ってきたノウハウやお客様との信頼関係のもと、これらに取り組んでいます。また、女性や高齢者を含めた多様な人材の受け入れのため職場環境の改善にも取り組んでいく所存です。

今後、お客様との信頼関係をより密に、協力体制を築き、さらなる発展とホワイト物流の実現を目指します。

若松梱包運輸倉庫株式会社の自主行動宣言の内容は以下の通りです。

HP

「ホワイト物流」推進運動ポータルサイト

https://white-logistics-movement.jp/

ページ上部へ