トピックス

2019年07月17日水曜日

川原選手が石川県社会人バドミントン選手権大会で躍動

石川県社会人バドミントン選手権大会が6月30日、中能登町鹿島体育センターで行われ、弊社新入社員の川原祥人君が男子ダブルスに出場し、素晴らしい活躍を見せた。
川原君は今年バドミントンの名門竜谷大学を卒業し4月に入社した新進気鋭で、仕事が終わると平日は月曜日から金曜日まで金沢学院大学の体育館で19時から21時30分まで、土曜日は14時から17時までそれぞれの時間を練習し、日曜日が唯一休みになるものの各種大会が目白押しでハードな日々を送っている。
今大会は、ダブルスで法政大学出身の日光選手と組んで出場し1回戦、2回戦ともに抜群の相性で勝ち上がり、準決勝では同じ学院クラブ所属のペアに対し第1セットは22~24、第2セットは25~23といずれもデュースの接戦を演じて1勝1敗となり最終セットは16~21で惜しくも敗れた。
川原君は佐賀県出身で小学校の2年生からバドミントンでインターハイ団体優勝の実績を誇る母の影響で練習を始め、高校は長崎県の名門西陵高校で学び、大学は西日本ナンバーワンの強さを誇る龍谷大学の中心選手として活躍した。
竜谷大学時代の3年生と4年生の時、西日本学生バドミントン選手権で準優勝の栄誉に浴している。
次回大会は8月30日から9月6日の間行われる全日本バドミントン社会人選手権隊大会であり、ベスト16に勝ち上がるとその後行われる全日本総合選手権大会に出場できるので練習に余念がない。
今後の活躍を期待するとともに会社を挙げて大いに応援をしたい。

IMG_1279
20190710105049hp

ページ上部へ