トピックス

2019年07月04日木曜日

土倉さんが後輩に講演

石川県立ろう学校が主催した「先輩と語る会」が6月13日、石川県立ろう学校視聴覚教室で行われ同校先輩の弊社土倉仁菜さんが講演した。
この企画は石川県立ろう学校の依頼で行われ自己紹介から語り始め、成長するまでの生い立ちを説明しながら特に中・高時代は希望する進学校と結果に葛藤しながら卓球というスポーツを通じて金沢学院大学を卒業し共同配送に興味を持ったこと、仕事を通じて卓球が継続できる体制、働きやすい環境、事務所の雰囲気など考慮して若松梱包運輸倉庫株式会社にお願いし入社に至った。
ろう学校卒業生では就職か短大に進学する学生がほとんどで、5~6年ぶりの大学卒業者として大学でのコミニュケーションや授業の受けかたについて学校も学生も特に興味を持っていた。
講演終了後後輩から数多くの質問を受け、「ろう学校でキャプテンをして大変だったか」に
対し「部員の把握などに苦労をしたが最後の全国大会で3位に入賞したことで報われた。」 
「システム部でのコミニュケーション」に対し「パソコンのチャット、筆談、パソコンがないときにはブギーボードやスマホの音声認識を活用し仕事上の悩みはほとんどない。」など答えた。
弊社としてもスポーツに地域社会にと貢献する土倉さんを最大限にバックアップする所存である。

ページ上部へ