トピックス

2019年06月24日月曜日

若松専務が日本物流学会で講演

若松道行弊社代表取締役専務は6月15日、東京海洋大学で第43回日本物流学会ビジネスセッションにおいて「Logistics Style Reform」すなわち運び方改革をテーマに2時間に亘り講演を行った。

政府が主導する働き方改革推進を受け物流事業者が今後、労働時間の短縮、休日・有給休暇取得の義務化により、荷主側の待機・荷待ち時間の改善、省力化、省人化等ホワイト物流の必要性などの提言と若松梱包運輸倉庫が過去50年に亘り培ってきた共同配送を物流事業者としての視点で持論を展開し受講者から数多くの質問が寄せられるなど大なる影響を与える講演となった。

IMG_7724

ページ上部へ