トピックス

2019年04月01日月曜日

平成31年度の入社式を挙行

4月1日、多くの先輩社員らに見守られる中、11名の初々しい若者たちが入社式へと臨んだ。

20190403_1a20190403_1b

国歌斉唱の後、若松社長より「入社を心から歓迎します。今日、皆さんはとても良い目をしている。皆さんがこれから生きる社会は厳しいものであるが、活躍を大いに期待しています。」と激励の式辞を述べられ、新入社員のそれぞれに辞令書や制服が手渡された。

20190403_2a20190403_2b

新入社員を代表し、金沢大学人間社会学域出身の若林君が「社の一員であることを誇りに、新たな戦力として期待されるよう頑張ります。」と決意を述べた。
また、馳浩衆議院議員、大和ハウス工業株式会社 芳井代表取締役社長、自衛隊石川協力本部 小川本部長など、多くの関係者から祝電を頂戴し、厳粛な雰囲気の中、式典は滞りなく終了した。

20190403_3a20190403_3b

引き続いて記念会食が行われ、未だ緊張した面持ちの新入社員による自己紹介に次いで、諸部門長からの歓迎の挨拶によって会場はすっかりと温まった。若松専務が「皆さんの入社を心待ちにしていました。従来積み重ねつづけた努力が実り、これまで吹いていた向かい風は追い風に変わろうとしている。これから我々とそれを取り巻く世界は劇的に変わっていく。共に頑張ろう。」と熱く締めくくった。

ページ上部へ