食品共同配送

商品の流れ

食品共同配送の商品の流れ

情報の流れ(出荷日前日:午前〜午後2:30)

情報の流れ

常温商品

4半世紀の歴史をもつ食品ドライ商品の配送は、その高品質な配送実績を評価頂き、地域の方々と連携しながら、木目細やかな商品取扱い技術で、大切な商品をセンシティヴかつスピ-ディなドライ物流サービスを提供いたします。

主な配送商品

  • 調味料
  • 菓子
  • 缶詰
  • 飲料
  • 酒類
  • 食用油
  • など
常温商品

冷凍商品

若松では、冷凍食品や氷菓など多岐にわたるアイテムを取り扱っています。作業中に製品が解凍してしまうことは絶対に許されないフローズン物流。製品ごとに指定されている管理温度を厳守するため、自社クロスドッキングセンターの庫内温度や配送車両のコンテナ内温度をリアルタイムでモニタリングしながら厳密に管理。お客様に温度管理履歴の情報フィードバックも行うなど、高度なフローズン物流の体制を構築しています。

冷凍商品

主な配送商品

  • 冷凍食品
  • アイスクリーム
  • など

冷蔵商品

「食の安全」への意識の高まりや「おいしさ」追求のため、年々拡大するチルド物流。しかしチルド商品は、型崩れしやすく厳密な温度管理が必要とされ、敬遠する物流企業も少なくありません。業界でもいち早く三温度帯管理を導入した若松では、自社クロスドッキングセンターを整備するとともに、きめ細かなオペレーションノウハウを蓄積。お客様のご期待にしっかり応えるチルド物流サービスを提供いたします。

冷蔵商品

主な配送商品

  • 紙パック飲料
  • 乳製品(チーズ、ヨーグルトなど)
  • 肉類
  • 加工食品(豆腐・納豆など)
  • 野菜
  • など

ページ上部へ