幹線輸送

安全課つ高品質の高速幹線輸送を実現

生産拠点から関東・中京・関西の物流拠点への輸送、そしてそれぞれの物流拠点間の高速幹線輸送ネットワークを構築。さらに加盟するPJD(医薬品配送ネットワーク:30社)、JTP(幹線輸送ネットワーク:50社)、JFN(冷凍・チルド配送ネットワーク:40社)などの物流網と連携することで、北海道から沖縄までのエリアをカバーできる物流網を構築しています。

幹線輸送

徹底した温度管理。三温度帯食品を幹線輸送。

冷凍・チルド・常温の三温度帯それぞれの大型配送車両をラインナップ。低コストかつ安定した輸送力で、拠点間の幹線輸送を行っています。

2層車トラック

奥:冷凍庫(-25℃)、手前:冷蔵庫(5℃)

テレマティクス(動態管理)

テレマティクス(動態管理)

テレマティクスシステム(動態管理)をグループ全車輌に設置しました。これにより車両の運行状態、温度管理、燃料消費量など、これまでみえなかった情報をリアルタイムに把握でき、安全管理、商品管理、環境管理 などの多様なお客様のお問合せに迅速に対応できるようになります。 またGPSにより運行中の各車両からの情報をリアルタイムに収集することで今まで 以上にきめ細かな安全運行管理を指示できるようになります。

多くのお客様から評価をいただいています。

お客様が開催される配送品質コンテストや汚破損ゼロなどのキャンペーンで、過去いくつもの賞を受賞。
各種団体主催の安全品質コンテストでも上位入賞を誇るなど、高い評価をいただいています。

「品質実績」を見る


ページ上部へ