トピックス

2014年04月07日月曜日

厳粛な雰囲気の中入社式が行われる


好天の4月1日、9名の若人が本社物流基地において、平成26年度若松グループ入社式に臨んだ。
国歌斉唱の後、辞令書が交付され、引き続き若松社長から「正直に誠実に仕事をしてほしい。会社は、全社員が一丸となってケアをする。それによって、すばらしい社員を作る。皆さんは安心して頑張ってほしい。」と式辞。
新入社員を代表して大場勇輔君が「社員に加えて頂いたことを誇りとし健全な社会人として自覚ある行動ができる大人に成長していきます。」と力強く決意表明をした。その後記念撮影が行われ厳粛な雰囲気のうちに終了した。

引き続き11時30分から記念会食が行われ、終始和やかな雰囲気の中、食事を取りながら新入社員の自己紹介や各部長、所長が業務の概況を交えて職場紹介などを行い、後に若松道行専務から激励と心構えについて事例を交えて紹介し祝賀会を締めた。

種類別に見る

ページ上部へ